当社のSDGsへの取り組みについて


当社、株式会社野崎製作所はSDGs(Sustainable Development Goals‐持続可能な開発目標)の実現に向けて以下の項目に貢献して参ります。


家具製造を本業とする当社は、木材という自然の恵みをいただき社会に貢献いたしております。 だからこそ社員一同地球環境へ感謝し、会社として継続的な活動を行って参ります。

SDGsとは?

SDGsとは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2016年から2030年までの国際目標です。 貧困や格差、気候変動などの世界の問題に人類全体が一丸となって取り組み、2030年までに解決を目指すものです。 以下が目標とされる17項目になります。

1【貧困をなくそう】

あらゆる場所あらゆる形態の貧困を終わらせる。

2【飢餓をゼロに】

飢餓を終わらせ、食料安全保障 及び栄養の改善を実現し、持続可能な農業を促進する。

3【すべての人に健康と福祉を】

あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する。

4【質の高い教育を】

すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する。

5【ジェンダー平等の実現】

ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行なう。

6【安全な水とトイレを世界中に】

すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する。

7【クリーンなエネルギーをみんなに】

すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的なエネルギーへのアクセスを確保する。

8【経済成長と雇用の拡大】

包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する。

9【産業と技術革新の基盤づくり】

強靭なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る。

10【不平等のない世界】

国内及び各国家間の不平等を是正する。

11【住み続けられる街づくり】

包摂的で安全かつ強靭(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する。

12【つくる責任とつかう責任】

持続可能な消費生産形態を確保する。

13【気候変動への具体的な対策】

気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる。

14【海洋資源を守る】

持続可能な開発のために、海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する。

15【陸上資源を守る】

陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する。

16【平和と公正をすべての人に】

持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する。

17【パートナーシップによる目標達成】

持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する。



株式会社野崎製作所の取り組み


3【すべての人に健康と福祉を】 日本は世界的な長寿国です。その背景には医療体制の充実があります。

少子高齢化が進む中、医療費の負担が増えることを前提で考えると、当社はできるかぎり医療機関を使うことのない、社員の健康を維持し「健康寿命」を重視した取り組みを行って参ります。

当社の敷地内に設置したバスケットゴールは、休憩時間に利用しています。


また、福祉関連の自治体や特別養護老人ホームなどに積極的に、我が社の安心、安全な製品御使用いただいております。


4【質の高い教育を】 未来の宝である子どもたちに、豊かで楽しく成長出来ることを願い、学びの空間をプロデュースさせていただき、世界のリーダーに成れるよう一助とさせていただいております。 また、インターンシップなどの受入を通し、教科書だけでは表現することが出来ない、現状から未来の技術を伝えています。


8【経済成長と雇用の拡大】 毎年、新卒、中途の採用を積極的に行っており、今後も社員一人一人が輝くことで経済成長に貢献して参ります。

また、定年を設けないことにより、いつまでも健康な限り働ける環境を整備しております。


11【住み続けられる街づくり】 コロナ禍により、一層自宅で過ごす時間が増え、住環境スペースの充実をはかり快適な生活スタイルを創造しています。


12【つくる責任とつかう責任】

当社で利用する木材の廃材は、パルプ工場で再利用されております。

13【気候変動への具体的な対策】

廃材の焼却処分を行わないことで、CO2削減に貢献いたします。


15【陸上資源を守る】

会社の敷地内に花や木々を育て、豊かなこころと景観美を作っていきます。

17【パートナーシップによる目標達成】

この活動をともに参加する企業と連携をとり、さらに社会全体でSDGsに取り組めるよう協力いたします。

73回の閲覧