中央工学校の若者が当社を見学に来てくれました。

2017年10月25日。東京より、中央工学校、インテリアデザイン科、ファニチュアデザイン専攻の生徒さんたちが、
当社の見学に来ていただきました。
AI(人工知能)元年と言われる2017年ですが、人にしかできないモノづくりを、肌で感じていただけたと思います。中央工学校の皆さんのモノ作りが本当に好きなエネルギーが伝わってきて、会社や工場を紹介する私たちにとっても、いい刺激となりました。ご訪問ありがとうございました。

中央工学校の皆さん
2017年度も未来ある若者が加わりました。

2017年春。
私たちも、新入社員を迎え、新たに若い力が同じチームとしてベクトルを合わせることになりました。
夢と希望を持って日々楽しく、仕事を通じ成長してくれればと思います。

齋藤慎一

藤 慎一 (Saito Shinichi)

同じ家具を創るにしても、創り手によって完成への道筋が違っていて、マニュアル的な正解はありません。
分からないことだらけの現状はむしろ、様々なことを吸収できるのだとプラスに捉えています。
先輩方の知恵と自分の真っさらな発想を織り交ぜながら、野崎製作所の「技術者」として大きく成長していきたいです。

皆さまのおかげ様で35期を迎える事ができました

我々、株式会社野崎製作所は9月1日をもちまして、創業38期目となりました!創業30年以上の法人は統計学的には0.025%以下となってることが、日本の法人企業存続の現状です。

現状に甘んじることなく、クイックレスポンスで心を込めて仕事していきたい考えです。
激動のこの瞬間において、今やるべきことは不易流行瞬時に変化することもあるでしょうが、順応し対応していかなければなりません。
また、組織としてそれぞれの年代で注力してくことも異なってくるのです。

20代は バイタリティー  がむしゃらに学び
30代は スペシャリティー 専門性を身に付け
40代は オリジナリティー 兼ね備え
50代は パーソナリティー 人間をより大きくしていき
60代は ヒューマニティー 人格・品格・性格を磨きあげ


その後70代は、いままで恩恵を受けてきたことに感謝し携わった皆さんや、
地域社会に御奉仕していけばいいのではないでしょうか? 
益々、必要とされる会社となるべく精神して参る覚悟でございますので、これからも御指導、御鞭撻のほどよろしくお願致します。

専務取締役 野崎成実
経営革新計画の承認をいただきました 木工アクセサリーの製造

平成28年8月8日承認
経営革新計画テーマ:「オーダーメイド家具メーカーが創る「唯一無二の木製アクセサリー」の生産・販売による販路開拓
経営革新計画の期間:平成27年9月~平成30年8月

コンテナハウス

平成28年2月24日承認
経営革新計画テーマ:「オーダーメイドコンテナハウスの開発・生産・販売」による「新しい技術・グローバル市場への挑戦」
経営革新計画の期間:平成27年9月~平成30年8月


世界に誇る日本の「ものづくり」の技術がここに

私たちの仕事は、世界に一つしかないオーダーメイド家具の製作。
クライアント様の想いをインテリアデザイナーが設計し、それを形にするのが私たちの仕事。
納品されることでさらに輝きを増し、堂々と、そしてイキイキと存在する家具を製作しております。
世界に誇る日本の職人技をご覧ください。

私たちの想いへ
「人」を見てもらいたい

どんな人が、どんな思いで、どんな風に作った家具なんだろう?
ものづくりの背景には必ず「人」がいます。喜んでいただく顔をイメージしながら、誰にも気付かれることのないかもしれない細部にまでこだわり作業をする職人がここにいます。
私たちは作品への自信はもちろん、全社員の意識の高さ、人間性にも自信があります。
ものづくりは=人  ぜひ、私たち野崎製作所で働くみんなの仕事風景ものぞいてみてください。

私たちの想いへ
最新のオーダー家具
最新のオーダー家具

ステンドグラスを軽井沢の某ホテルに納めさせていただきました!
(2017年8月31日)